島 の 犬 た ち


プーケット島パトンビーチ 私は今、タイにはまっている。そう、チット前までは、微笑みの国。アメージング・タイランドのタイ王国だ。 昔、シャムと言った時代があり、シャム猫は、その当時からの猫だと聞くが、何処を歩いてもシャム猫系のスタイルが良く逆三角顔の目の大きい猫が見あたらない。猫は、町の至る所で目に付くが、痩せた日本にいる猫そっくりだ。色は、白黒のブチが多い。

 今年(1999年)は、2,4,6,8,10,12月と6回タイを訪れた。勿論、猫を探しに旅をしたのではない。タイのゆっくりとした自然の流れと、人々や街のエネルギッシュな息吹と物価の安さを求めて。

 去年の、1月はマレーシアのペナン島。5月にサイパン島。11月に韓国の済州島。今年1月にフィリピンのセブ島。あずさ(我が家のゴールデンレトリバー)を訓練所に預かって頂き、夫婦で出かけた、去年のフィジー島。今年のバリ島。それに何回も出かけているタイのプーケット島。これらの島で出会った犬や動物たちの事をお話ししましょう。バリ島

 その国、その島には、一種独特な街全体を覆っている匂いがある。初めは鼻に付くが、度々訪れるとこの国は、この匂いなんだと鼻が勝手に思いこみ匂いが無くなったような気がする。30年前初めて海外を旅行し、日本に帰ってきた時のあの異様な匂い。日本にも日本特有な匂いが有ったのだ。でも今は何も感じない。

 犬だってそうだ。犬の嫌いな人が、タイやインドネシアの様に首輪や鎖を着けずにゴロゴロいるのを見ると街を歩けなくなるんでは?と思う。でも、それがこの国なんだなと、目が勝手に思いこめば、犬は、居ないに等しい。もっとも、犬だって昼間の暑い所では寝てないし、邪魔な所にいれば蹴飛ばされる。そのあたりはちゃんと心得ている。

 プーケット島では、炎天下、舗装の上で平気で寝ていた犬が居た。観光地の車の来ない場所だと知っているせいか、人間は汗を拭き拭き歩いているのに、気持ちよさそうに寝ている。1匹だけなら、変態犬で済ませるのに、あっちでもこっちでも、みんなスヤスヤ寝入っている。海岸の岩の上にある公園なので、しゃがんで居ると風が通り抜けて結構涼しい。犬達は、解っていて寝ているようだ。

プーケット島ゴルフ場 私は、犬の種類は知らない。でも出会った犬は、全部雑種の様だ。ペナンで聞いた所によると、この国(島?)では、犬を飼う事を禁止している法律が有ると聞く。でも、街のあちこちで犬を見かける。ぺナンヒルに行ったときには、鎖を引きずった犬も見かけた。ここの犬は、毛足が短くて色も白っぽい。赤道に近づいて居るからか? 

 タイで良く見かける犬は、赤(茶色)い色をし逆三角形の顔に逆三角形の耳を左右に着けたよう格好だ。ところが、バリ島では、狛犬そっくりな体型をした犬を良く見かけた。ここの犬は、皮膚病に感染されているのか殆どの犬が爛れている。色や、種類はまちまちだが、全体に太って居る。道に供えた悪霊に捧げる供物が食べられる為、食べ物には困らないと思われる。

 痩せている犬は、セブ島。この島では、人間も痩せている。太平洋のネシアの人たちは、みんな太っている。ハワイ、タヒチ、フィジー、サイパンみんな陽気で明るい。でも、平均寿命は、50歳なんだって。セブ島では、まず人が食事を摂る。次に豚。これは太らせて人間が食う。その次羊や山羊、次にアヒル、犬には、余ったら与える。食べるための犬ではない為、太らせる必要がないと聞いた。

 韓国では、犬も立派な食料だ。捕まると食べられるせいか、とても俊敏な動きをする。しっぽは立てずにプーケット島ゴルフ場後足の間に丸め、足早に歩く。人間の近くには寄ってこない。済州島では、ハンターが狩りに使う犬には、ちゃんと首輪を着けて飼っていた。ペット犬も飼われて居ると思われるが、探す事が出来なかった。

 フィジー島では、あまり犬は見かけなかったが、海岸のビーチで乗馬を商売にしている父子が連れてきた犬と、レストラン入り口で寝そべって居る犬を見かけた。人間が危害を加えた事が無いのか、実に平然としている。島の人たちがのどかだと、犬までのどかに成るらしい。犬の鳴き声を聞いたのは、フィリピンだけだったような気がする。

 プーケット島に日本人があまりプレーしない、ロック・パーム・ゴルフクラブと言う名のゴルフ場がある。日本人が良く行くプーケット・カントリーの反対側にあり、大きな池があり、ここの練習場は、池に向かってボールを打つ。距離も長くおもしろいコースで、よく利用する。フロントには、ゴルフ場を辞めて国に帰ったドイツ人が置いていった犬が寝そべっている。3ホール毎に有る売店には、殆ど犬とか猫が居る。お客が気に入れば、フェァウェイをついて廻る。暑くなれば、池に飛び込み犬かきを披露する。

             こんなタイに、はまっちゃいました。

プーケット島ゴルフ場



   信州 "あずみ野"だぢ。 へ戻る    先頭に戻る