'01.05.25
 

    

                タイランド/アユタヤ

 何時も外国人と3割ぐらいの日本人で満席のUAで訪タイしていた私であったが、サラリーマンに付き物の転勤よる赴任によりバンコク便はTGしか運行していない地方の空港を使用する事を余儀なくされた。

 ワット・パナン・チョン ワット ワット ワット 

 ところが、バンコク行きのTGはガラガラ.....数えてみたらビジネスクラスのお客さん3名を入れても84名しか乗っていない。こんなに空いている飛行機に乗ったのは、丸2年位前のサイパン往復のJAL以来である。ん... 
 去年のバンコクからのJALも後部真ん中の座席に並ぶ肘掛けを全部上げて真横になりシートベルトを身体に巻き付けて寝てこれたっけ。日本人が多く乗る飛行機が空いていると言うことは、タイランドに出掛ける日本人が少なくなったのかな? プーケットにも日本人は少なかったそうだし、バンコクの日本人向け歓楽街タニヤや日本人駐在員の通うスクンビット等では老舗のお店があちこちで潰れていると聞いた。

 ワット ワット・ロカヤ・スタ ワット・ロカヤ・スタ ワット・ロカヤ・スタの涅槃像 

 昼間の3時に着く空港は又格別である。TGの場合乗り換えが無ければ殆どバスは使わす直接ターミナルビルへ降りることに成るため、あのムッとする感覚は入国審査を終えた後になる。3階の出発ロビーに上がりお客を降ろしたタクシーを捕まえて宿に向かう。4時には遊び歩くことが出来き、夕焼けに沈む太陽を眺めながら夕食を摂った。

 ワット ワット ワット ワット・プラ・スリ・サンペット 

 パタヤビーチは相変わらず海が濁っていたが、ファランがウジャウジャ。日本人パラ....探してもなかなか見つからない。10km位南に移動してジェムティエンビーチに陣取る。此処は岬ひとつ越しただけなのに結構綺麗な水である。色々な人種の人たちで結構にぎわっている。日焼け防止のクリームをたっぷり塗って泳ぐ以外はパラソルの陰で日に焼けないよう細心の注意を払う。転勤仕立てのサラリーマンは辛い。
 ナナプラザ3階ののレスビアンショー、ガラスで区切られ透けて見えるシャワールームで2人組の女の子達が3組、シャワーを浴びてから張り型を使い1組は前の穴、1組は牛目の穴、もう1組はなめなめのでのショー、1時間後にはセックスショーを行うとマイクで叫いている。適当に切り上げてグデングデンで飲み直し。

 ワット・プラ・スリ・サンペット ワット・プラ・スリ・サンペット ワット・プラ・スリ・サンペット ワット・プラ・スリ・サンペット 

 10時頃ゆっくりと起きてアユタヤ見学に出掛ける。今日も青空が広がり太陽が照りつける。アユタヤの赤茶けたレンガで造られた遺跡に青く澄み切った空、緑の樹木や草芝が目に眩しい。日本人町跡などで結構日本人と出会う。35歳くらいの一人旅の日本人のおばちゃんがチャオ・サム・プラヤ国立博物館の中で「トイレはこの建物の中に有りますか」と聞いてきたのには驚いた。俺だって此の博物館は初めてだぜ!! 車を止めた横がトイレの建物だったので、外には有りますよと答えておいた。


     天使の都        先頭に戻る